BLOG

ダイエットやコンディションを整えたければ、味覚を磨くと良い! vol.8

ダイエットやコンディションを整えたければ、味覚を磨くと良い! vol.8

健康の3要素 日常的な行動を味方につけよう!の中で紹介した味覚を変えればやせられる [ 森拓郎 ]の中で共感できるところや、

味覚を磨く!
本来の力を取り戻すこと!

について、FSEM®️ダイエット・睡眠トレーナーの視点からかいていきます!!

[alert title=”注意”]トレーナーというより、本の内容の紹介というより完全に僕の主観な考えで書いています(゚ω゚;)[/alert]

今回は、

最後に、味覚の磨きかたについて書いていきます_φ( ̄ー ̄ )

味覚障害の原因や味覚が衰える原因

まず味覚を磨く前に、上記となりやすいものはどんなものがあると思いますか?

味覚障害としては、亜鉛不足が有名なのではないかと思います。

腎臓・肝臓・などの異常以外に、

薬の副作用でも亜鉛不足になるそうです❗

他の障害の要因としては、ストレスが関わってきます。

これは、障害以外に衰えにも関係してきます。

ストレスがたまっているときは、どか食いをしてしまいがちです(^_^;)

その時は、味覚を感じにくくなっているんですよ(T ^ T)

あとは締め付けによるストレスが意外と身体に及える影響が大きいですΣ੧(❛□❛✿)

この写真に写っている手は、握れないほどパンパンに浮腫んでいます( ゚д゚)

ちなみに、上記の写真は僕の手なんです…

以前、日本味感学協会のセミナーで、締め付けのストレスを体感する罰ゲームの時の写真です(・_・;

夜寝る時も含めて約12時間以上、手首に輪ゴムをしていました。゚(゚´ω`゚)゚。

もう二度としたくないです.°(ಗдಗ。)°.

でも、締め付けのストレスを体感できた僕だから言えますが、そうとう味覚に影響を与えますよ。

周りがびっくりするぐらい調味料をかけても、味が薄いんですΣ੧(❛□❛✿)

締め付けのストレスがあるかもしれないが、普段の生活には関係ないでしょ⁉

と思われがちかもしれませんが、普段の生活でもたくさんの締め付けがあるんですよ❗

例えば

[list class=”li-yubi li-mainbdr main-c-before”]

  • 靴紐
  • 靴下
  • 腕時計
  • ネクタイ
  • 服や下着
  • ヘアゴム  など[/list]

僕たちの生活には意外と締め付けのストレスが多いんですよ((((;゚Д゚)))))))

あと他の原因としては、

人工甘味料加工食品が影響しています。

上記による過剰な濃い味が味覚をダメにしているんです❗

よく、食品やダイエットに関する本などに人工甘味料や加工食品を食べない、避けるようにと書かれているものがありますが

正直なところ、現実的ではないと思うんですよね(¬_¬)

ちなみに僕には無理です❗

避けることだけを考えつづけていたら逆にストレスがたまってしまいます(/ _ ; )

ただ、味覚が敏感で自然とさけることができたらストレスなく実践できそうですね❗

味覚を磨く

では、味覚を磨くためにはどんなことをしたらいいのか⁉

僕は、3つの方法があると思います。

1つ目は

食事の際は、同じものばかり食べずに色々な食材・おかずを食べることです!

様々な味で味覚を刺激することで、感度を上げていく方法です。

2つ目は

よく噛んで食べることです❗

唾液が関係するなど伝えられていますし、30回噛むなどは大切なことだとは思いますが

僕が一番大切にしてほしいことは、一口ずつ味わって食べることです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

本当に味わって食べていれば、いちいち30回も数えて食べなくてもいいんです❗

実際に、30回数えるとかめんどくさいし、ストレスかかりませんか⁉

それは僕だけかもしれませんが^^;

3つ目は

他の五感をフル活用することです❗

食事って味覚だけでなく、色・香り・音・歯ごたえなど様々なものを感じることができるんですよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

それらの感覚を活用するで、味覚も磨かれていきます🎶

今回は、味覚を鈍らせる締め付けのストレスについてと

味覚の磨きか方を3つ紹介してきました❗

味覚を磨くだけでもダイエット効果もありますし、なによりご飯が美味しくく感じます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ワンランク上の健康&美容を目指し皆さんも自分磨きに励んでくださいね🎶